2005年9月アーカイブ

どうしても食べたかったラーメン(信)。
西から来た有名なスープが濃厚なあれ!!
お取り寄せしてやっと口にする事が出来たのでした。

でも、やっぱり私には濃すぎたらしく一日中胃もたれしていました。

秋なす

| | コメント(3)


近所の方からたくさんの秋なすをいただきました。

数日前からどこからか金木犀のいい香りが漂っていました。表の玄関からも、門の玄関からも風に乗ってほんわか香っていたのです。
家に金木犀の木はないし、周りを見回しても見当たらない。そして昨日、近所の八百屋さんへお買い物へ行った時、お店の前で偶然見つけました!金木犀の木を!


こんな大きな木でした。
だから周辺中いい香りがしたんですね。
アロマテラピーで金木犀の香りに癒されている毎日です。

朝日

| | コメント(0)

本日は台風一過の影響で秋晴れでしたね。
みな様の所はいかがでしたか?

お泊りのお客様を送り出した時に、玄関に朝日が差していました。
あまりにきれいだったので思わず写真に納めました。


大運動会

| | コメント(0)

本日運動会の予定でしたが、台風の影響で中止になってしまいました。
私も競技に出るはずだったのに中止になって残念(?!)です・・・


瓶花 「かたむけるかたち」

東大つつじ どうだんつつじ
小菊 
オリエンタル百合

今回は最初から自分で生けて、先生にほとんど直されなかったです。


「デキ」で下仁田へ
下仁田町は10月9日に開催する「デキで行く西上州下仁田秋祭り」の参加を募集しています。
上信電鉄高崎駅からレトロな電気機関車が下仁田駅まで運行します。車内では音楽鑑賞や抽選会が行われ下仁田駅構内での写真撮影や下仁田秋季例大祭の見学が予定されています。
乗車券(往復料金、昼食付き)大人1,800円子供1200円
詳しくは下仁田町商工観光課 0274-82-2111へ



友人のお子さんのお誕生を常盤のお弁当でお祝いしました。すごくかわいいかった。肌がとてもきれいで吸い込まれそうになるほどの美男子です。これからの成長が楽しみです。大きくなったら常盤のお弁当を食べにきてね。本当におめでとうございました。

おかげさまで、昨日の投稿でこのブログ100エントリー目になりました。

これもたくさんの皆様のおかげでございます。
このブログをスタートした時から支えてくださっている方や、いつもコメントを送ってくださる方々、そして遠くから私達をこのブログを通して応援してくださっている方々ホントに有難うございます。
これからもどんどん投稿数を増やしていきながら共に常盤館と成長していきたいと考えています。

いつも思いつきの文章と下手な写真ばかりですが、よかったら時々見に来てください!!

大阪の夜はなんていったってお好み焼きでしょう!!!

主人が家でよく作ってくれるので、おいしいお好み焼きの味は知っているつもりでしたが、主人のお友達が作ってくれたお好みもとてもおいしかったです。外はカリカリ中はさっくり軽いので何枚でも食べられます。各家庭で作り方やこだわりが違うらしく、キャベツの切り方ひとつでもみんなで議論(?!程ではないが)していました。
隠し味を色々教わってきたので、こっち(群馬)でも作って皆さんに披露しますね。
お楽しみに!!

・・・といっても、愛知ではなく大阪の万博記念公園です。

暑かったぁぁぁ

とにかく暑かったんです。
真夏に逆戻りした感じでした。
群馬の涼しい初秋に慣れていたので余計に暑く感じたのかもしれません。
強い日差しと、ものすごい湿気の中汗だくになっていました。


太陽の塔
写真などではよく見たことがありましたが、実物を見る事が出来るなんて想像もしていませんでした。
結構大きくて迫力があり、びっくり!!!

親戚の集まりがあったので行ってきたのです。
ブルーシートを敷いて、みんなで手作りお弁当を食べてきました。

大運動会

| | コメント(1)

運動会009.PNG
「下仁田支部町民体育祭」
9月25日 町立下仁田小学校校庭にて開催されます。町内の小学生から
お年寄りまで参加の大イベント!? 

十五夜

| | コメント(0)

IMG_0268.jpg
今日は中秋の名月です。玄関にススキと月見団子をお供えしました。昼間の残暑に夜の秋空。
2つの季節を体で感じつつ、おだんごを1つつまんでみました。

当ブログ、9月5日の投稿をご覧ください。

例の作品について分かりました!!!

実際この絵に文章は添えられておらず、夢二が「母になるまで」というタイトルで4枚の連作を描いたうちの3枚目だそうです。一枚目はおさげ髪の女の子が紙人形を作っている所が描かれており、2枚目は少女テニスをしている風景。4枚目は日本髪の女性が幼い男の子を抱っこしている作品になります。

おそらく当時の雑誌の読者は4枚の絵を見て少女から母親になるまでの物語を自由に想像したのかもしれません。

やはり女性の「初めての旅」という事になりますね。
なんだか胸の痞えがとれた気がします。


このキャラメルのパッケージは、竹久夢二がデザインをしたものですが、当時、実際には使用される事はなかったそうです。なぜ、今になって再び使用されているのかというと、群馬県の伊香保町にある竹久夢二記念館が開館20周年記念として再現したからです。現在もこのパッケージの原画は記念館に保管されているそうです。

このデザインで、夢二は色に、
赤色は「恋」、緑色は「旅」、黄色は「酒」と意味づけをしているそう。
どんなメッセージが込められているのでしょうね。3つともキャラメルとは程遠いイメージですが・・・
キャラメルの様に甘い恋をしたとか??想像力に乏しい私には理解不可能でございます。

ちなみに、今日9月16日は竹久夢二のお誕生日です。
ネットで夢二の事を調べていたら、偶然知りました。


こっちもがんばってまっせ。


クラムチャウダーを食べてきました。
コクがあってシアトルで食べた味と同じでした。
懐かしい味。


さんまの開きです。
見習いさんはまだまだぎこちないけど、結構きれいに開けるようになりました。


瓶花 「かたむけるかたち」
主枝 蔓梅擬 つるうめもどき
客枝 竜胆 りんどう
    スプレー菊

なぜ、りんどうを漢字で竜胆と書くのでしょうか?
漢方で「熊の胆」という胃腸に効く苦い薬があるそう。
りんどうの根も同じ効果があるが、熊の胆よりもっともっと苦く、熊より竜ぐらいすごいという意味で竜胆となったのだそうです。
今日先生に教えていただきました。

それは、育てたお花が元気に咲いてくれた時です。


黄色いマーガレット
春と秋の年2回咲きます。そして月日が経つごとに大きく育ってきているので、そろそろ大きい鉢に植え替えた方がいいのかもしれません。暑さにも負けず、虫にも負けず、いつも黄色いお花が咲いてくれます。

ピンク色の日にち草
一株でこんなにたくさんのお花を付けてくれてお得。しかもこの濃いピンク色は目を引き、存在感があります。来年の春にもいっぱい植えたいですね。

白くて、小さめな日にち草
これは4株程買って、3株は枯れてしまい、この1株だけが大きく育ちました。

寄せ植えが低迷中の時もありました(本ブログ7月19日を見てください)が、この様にお花が咲いてくれるととても嬉しくなります。これからたくさん育て常盤館をお花でいっぱいにしていきたいです。

創作料理

|


こんにゃくの生春巻き風
ほうれん草、車えび、みょうがの甘酢漬けをこんにゃくで巻いて、
生春巻きに見立てた酢の物。味付けのポイントは黄身酢。

さっぱりした一品に仕上げてあります。


前にも紹介しましたが、常盤館の館内に竹久夢二の絵が何点か飾ってあります。
写真はその内の一点で、常盤館カレンダーの9,10月の絵です。

大正6年に「新家庭」という雑誌の挿絵になった作品で、タイトルは「はつ旅」.。

着物の女性が、紅葉している木に手をかけてどこかを見ています。木の横にはステッキと白い帽子があり、男性の物ではないかと。もしかして、二人の「はつ(初)旅」の様子???
私の想像なので、真相は分かりませんが。
調べたらまた後日に紹介しますね。または、どなたかお解かりになりましたら、コメントを頂けたら有り難いです。

旬の食材

| | コメント(3)


もう出ている、秋の味覚”さんま”です。
焼いて食べるのが一般的ですが、お刺身もおいしいですよね。

骨を一本一本抜いて、食べやすくしてあります。
是非食べにいらしてください。


すかし百合と素馨(そけい・モクセイ科)。

バックグラウンドがごちゃごちゃしている(相変わらず)ので、お店に飾った写真も載せました。


ちらしずし
と言うと聞こえがいいですが、
まかないですので、お刺身の端のあまり物をのせたちらしとでも名づけた方が良いかもしれません。

思い起こせば、我が家の食卓に出てくるお刺身といえばいつも端の盛り合わせばかりでした。端でもとろの端だったり、食卓に登場する回数も一般の家庭よりは多く贅沢ですが、子供の頃は端がとても嫌いでした。
母親に、「普通のお刺身が食べたい!」といつも文句を言っていた事を思い出しました。